FC2ブログ

a moonlight night...

てれんこ日記。星降る夜に思うこと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジグソーな思い出

車のタイヤを新調しまして少しはドライヴでもしようかと

森林浴しに出掛けた休日

IMG_0445.jpg

ん!? 何だかいつもの感じと違う気が・・・

IMG_0452.jpg

バザーをやっているようす
苦手だなぁ~ こうゆう人がわんさか集まってる感じ
ちょっと離れた場所へ避難
こちらでは ご婦人方が一眼レフ片手に講師から指導をうけてるようす
DSC_0180.jpg

深緑の季節、いい写真撮ってくだされぇ (笑


で、本来の目的はこれを見にやってきたわけです
IMG_0453.jpg

ロベール・ドアノー展

この有名な『パリ市庁舎前のキス』は、個人的に
めっちゃ懐かぴぃ~!!わけで



おおよそ四半世紀前ほどのこと・・・
私はようやく一人暮らしをはじめた

そのひとりの時間に費やしていたのがジグソーパズル

IMG_0514.jpg

今ではクローゼットの片隅に追いやられているが
このドアノーの「パリ市庁舎前のキス」をどうしても
作りたくて夜な夜なジグソーパズルをやっていた

ちなみに当時は作者が有名な写真家などとは全く知らず
ただ、ただこの世界観が好きだった

“ちょっと背伸びをしてみたい”そんな日々だったかもしれない


6畳洋室と同じ広さの和室がある安アパートで

何者でもない自分が何でも可能性をもっているのではないかと

勘違いした日々を過していたように思う  まさか

その数十年後、今のような自分を

      さすがに“微塵”も

          想像していなかったわよ(爆


実は おセンチ気分を引きずっていた私は帰りがけ
昔 住んでいた場所に立寄ってみた
私が高校生から家をでるまでのほんの5年くらい
その後、母親がひとりで過ごし
私と同居をはじめる10年ほど前まで
住んでいたボロアパートである

「確かこの辺だったよなぁ~」と記憶を手繰り
探してみたが、もはやそのアパートは無くなっていた
当時からかなり古いアパートだったから
建て替えくらいはされていると思ったが
そこは全く私の知らない景色と化していた
唯一、記憶と合致したのは
道をはさんで向かいにたっていたコンビニSくらいだ

あれから、ずい分月日は経ち
住んでいた景色も様変わりしてしまったのに
あの頃とまったく変わっていない自分の状況に
いささか愕然とするわけで
一人暮らし始めた頃と何の進歩もなく
今だ、何者にもなりえてない自分に敗北感を味わう



ドアノーの写真が 甘酸っぱい記憶を甦らせてくれた
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。